愛犬の老いに直面する

愛犬
晴れた日はベランダで日光浴

実は今、愛犬Pの体調がいまいちで悩んでいます。

14歳の誕生日を迎えた頃までは、その年齢には見えないくらい元気だったのに、それからわずか数か月で怒涛のように老化の波が押し寄せてきた感じで…

先月から、多飲多尿、嘔吐、食欲不振、下痢、と次々にいろんな症状が出てきて、その都度病院に連れていく日々です。
病気になってしまったのかと心配でしょうがないのですが、詳しい血液検査や尿検査の結果、腎臓も肝臓もそんなに悪くないし(年相応にそんなに良くもないけど治療がいるほどの異常値は出ず)、膀胱炎やそのほか体内の炎症の兆候もなし。
多飲(若い時の倍に増えた)といっても、体重3.6kgくらいの犬が1日に300cc前後飲むくらいでは少し多いかなというくらいで異常というほどではないそうです。
…ということはただの老化現象?

他に可能性があるとすればホルモン異常が考えられるそうで、もしそうだったら…と思うと怖いです。
ただ先生は直ちに検査する必要はないと見ているようで、今のところは可能性は低いのかなとも思ってます。とにかく今は多尿による脱水症状と食欲不振を治しましょうということで治療してもらっています。

追記

食生活が落ち着くにしたがって、体調面も徐々に良くなりました。

また、食生活も急激に変化しました。
まずドライフードを一切受け付けなくなりました。(おやつの鶏むね肉ジャーキーや果物や野菜は変わらず食べる)
ネットで調べたら、老犬にはよくあることで、缶詰のフードに変えるといいよと書いてあったのでいろいろ買って試しているのですが、すぐに飽きてしまうのか食べられないのか、日によって食べたいものが違うので、毎日手探り状態です。
私が作った鶏むね肉とキャベツのスープは割と食べてくれるから、それをメインにしたいのだけど栄養の偏りが心配…。
愛犬が好んで食べるごはんを試行錯誤したり、ネットで情報収集する日々です。
親には「年だもの。人間だってこの年になるとあちこちダメになってくるものだよ」と言われました。
愛犬の変化を受け入れて、できるだけ苦しまないように楽しく余生を送らせてあげたいですね。
私がうじうじ悩んだらPが困っちゃうだろうし、頑張らないと。

追記

食事の件ですが、試行錯誤の末、朝は鶏むね肉+酵素サプリ、昼はリンゴと納豆(たまにサツマイモorかぼちゃ)、夜はココグルメのポークorペトコトフーズのポーク(←どちらも総合栄養食。手作り食だけだと不安な栄養面をカバーするために食べさせています)で落ち着きました。

ランキングサイトに登録しています
にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへ 人気ブログランキング
鉢庭らいふ